魅惑的な会話にのせられて

途中下車した雨の練馬。
山形弁が飛び交う、あの場末の居酒屋で軽く一杯と飲んでいると、隣に座った常連が、ラーメンの話をしだす。
隣の客の話につられ、頭の中はもうラーメンのことで。
どこかで食べて帰ろうと営業している店を探せば、駅近くにこの店が浮上。
居酒屋でのつまみのオーダーを控え目にして、向かう。
c0231851_1311398.jpg




到着したのは22:00ちょっと前。
c0231851_1311847.jpg

ガラス張りの壁の向こうに、
c0231851_13163872.jpg

座って待つ後ろ姿がズラリ。
前には6人。

入口入ってすぐ右手にある食券機で、
c0231851_13121420.jpg

この店の店舗名でもある濃菜麺(870円)を購入。
c0231851_13174995.jpg

立ちながら待つ。

食券機でチラッと目にした小サイズが頭をよぎり、普通盛りが食べれないんじゃないかと押し寄せる不安。
待っている間に店員に食券を渡すよう求められた時に小に変更し、100円返金してもらう。

こんなやり取りの隙に、更に外には5人ほどの行列が出来てた。
打ちっぱなしの内装はシンプルで殺風景とも見えなくもないが、スタイリッシュで女子ひとりでも入りやすいだろう。
c0231851_13133325.jpg


ラーメンだけに回転が早い上、タイミングよく、5分程度で席へ。
ラーメンが出てくる前に、食べる準備をしっかりしておこうとトイレに行き壁に触れてみると、なんと打ちっぱなし風な壁紙。

席に戻ると並んでいる列には女子が多く、中には1人で来ている人もチラホラ。
やはり。
しばしして出てきたラーメンは、カウンターにのせられた瞬間にフワッと薫る豚骨風味。
テーブルの上にのせればその薫りは更にこく香る。
c0231851_13153551.jpg

豚骨正油なスープにチャーシューとキャベツなどの野菜がのった美味しそうな見た目。
スープを一口。
とろみの強い豚骨正油。嫌な薫りはなくいい感じのバランス。
麺は太めのストリートでもちもちしてスープによく絡む。
c0231851_13155542.jpg

食べれば食べるほど、後に訪れる味の濃さ。
チャーシューはよく噛めばかなりしっかりした味つけ。
後にひく。

濃いけど、濃いなりのバランスの良さ。
内装と言い、味といい、女子が多いのもわかる気がする。

濃菜麺 井の庄
東京都練馬区練馬1-6-18 コンフォートIII 1階B号室
03-3948-1635
営業時間 (月~土)11:30~16:30 17:30~翌1:30 (日)11:30~16:30 17:30~23:30

blogram投票ボタン  食べログ グルメブログランキング


[PR]

by michikusao2 | 2015-09-11 23:53 |