湖と山を独り占め ~支笏湖

いよいよ始まる露天風呂めぐりの旅。
まずは、札幌駅近くで予約していた車を調達。
c0231851_1372444.jpg




旅に出る前に調べてみたが、まぁ魅惑的な露天が多いこと。
この旅では、どこまで廻れるだろうか?
『北海道はでっかいどうー』とはよく言ったもので、
候補を挙げていくと当たり前だが、とてもじゃがないが2日では回り切れない。

札幌からは車でそこそこ飛ばせばいくつかは回れそう。
あまりにも遠い、そして季節的にすでに入れないところは諦めて、
支笏湖→北湯沢→洞爺湖→定山渓の南下ルートをたどることにした。

国道453をナビを頼りに向かう。車載より携帯端末のGoogleナビが便利だと気づいた。
支笏湖と山が見えてきた。
c0231851_1384134.jpg


1時間ほどで到着した1湯目は湖畔に佇む
c0231851_1391649.jpg


丸駒温泉
c0231851_13105094.jpg


車を停め、湖畔をしばし散策。
まだ時間が早いからなのか、平日ということもあっては、人影はない。
c0231851_13134017.jpg


支笏湖と
c0231851_13133163.jpg

樽前山と
c0231851_13141176.jpg

開放感溢れる素敵な庭。
c0231851_1314423.jpg

ここで、一服。

いよいよ露天風呂へ。
閑散としたホテル内。フロントで、入湯料1000円を支払う。
フロントから温泉までは、ちょっと距離があるようだ。
歴史を見ながら
c0231851_13183066.jpg

奥へ奥へと進む。
c0231851_13185667.jpg


綺麗で
c0231851_13193650.jpg

広々とした脱衣場。
c0231851_13194580.jpg


内風呂も
c0231851_13203934.jpg

露天も
c0231851_13202634.jpg

眺めがいい。

しかし、目指す露天はここではあらず。
c0231851_13224634.jpg


いよいよもうすぐそこ
c0231851_13233472.jpg

日本秘湯を守る会
c0231851_13234432.jpg



湖のほとりに広がる開放感溢れる露天風呂は、深さ130センチ。
c0231851_1333517.jpg


透明度の高い支笏湖と、季節によらず常に水位は同じ。
c0231851_1330054.jpg


底には玉砂利が敷き詰められ、湯はそこから湧き出ている、
日本でも20くらいしかないタイプらしい。
c0231851_13301288.jpg

湯温は支笏湖の水で調整。
c0231851_2129115.jpg


最高の景色と深く広々とした湯が
c0231851_21283082.jpg

貸切状態。
c0231851_21285098.jpg

この上ない幸せ。

何度も入りたいくらいだが、パツパツのスケジュールなのでここはぐっとこらえる。
さぁ次へ。
c0231851_13311074.jpg


湖畔をぐるっと周り、次なる露天風呂へ。
まだ、旅は始まったばかり。

最高のスタートが切れた。

丸駒温泉旅館
北海道千歳市支笏湖幌美内7番地
0123-25-2341
入湯料1,000円


blogram投票ボタン


[PR]

by michikusao2 | 2014-10-11 21:40 |